ノンエーの成分は?無添加石鹸じゃないってホント?

ノンエーに配合されている成分について、気になる点をまとめてみました。

 

購入を考えている人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

ノンエー石鹸の全成分

 

ノンエーには以下の成分が含まれています。

 

  • ダイズエキス
  • クワエエキス
  • ローヤルゼリーエキス
  • 海藻エキス
  • スクワラン
  • ヒアルロン酸ナトリウム
  • グリチルリチン酸ジカリウム
  • メタクリロイルオキシエチルホスホリルコリ
  • メタクリル酸ブチル共重合体液
  • カリウム含有石けん用素地
  • 精製水
  • ラウリン酸
  • 濃グリセリン
  • ブチレングリコール

 

ニキビを防ぐノンエーの有効成分

 

ニキビ専用石鹸というくらいですから、ノンエーにはニキビ改善に効く成分が配合されています。

 

その成分の名前が「グリチルリチン酸ジカリウム」です。

 

「グリチルリチン酸ジカリウム」は、ニキビの改善に効果がある成分だと厚生労働省から認められている成分で、これを「有効成分」と言います。

 

ノンエーに配合されているその他の成分も、お肌に良いと言われているものばかりですが、厚生労働省が認可しているものではありません。

 

これは全く効果がないというよりも、効果が出るのに個人差があったり、効果の出方が緩やかだったりで、「効果があるとも言い切れないし、無いとも言い切れないレベル」と捉えた方が良いと思います。

 

医薬品みたいに副作用の心配はいらないけど、劇的な効果も期待しない方が良いという感じですね。

 

このような成分は主にサプリメントなどで使用されています。

 

もちろんノンエーには「グリチルリチン酸ジカリウム」が含まれている厚生労働省認可の医薬部外品なので、ニキビ改善の効果は十分に期待できます。

 

ノンエーは無添加石鹸じゃないってホント?

 

ノンエーの公式通販サイトを見ると「安心の無添加」と書いてあります。

 

これを見て、ノンエーを無添加石鹸だと勘違いしている人もいるようですが、じつはノンエーは無添加石けんではありません。

 

 旧厚生省により2001年まで表示が義務付けられていた「表示指定成分」が含まれていないという意味で、「安心の無添加」という表現になっているのです。

 

表示指定成分とは?

 

「表示指定成分」とは、旧厚生省が定めた、
石油合成成分(有害化学物質)で皮膚障害を起こす可能性のある成分の中で
、過去にアレルギーや接触刺激、皮膚毒素、発ガン性等の症例から
報告されたものを中心に2001年3月までに表示が義務付けられた成分のことです。

 

出典:未来の子供たちのために

 

要するに、皮膚や体に悪影響を及ぼす危険性のある成分は、ノンエーには含まれていませんよということです。

 

逆に言えば、ノンエーにはニキビ改善に効果があると厚生労働省に認められている「グリチルリチン酸ジカリウム」が添加されているわけですから、本当の意味での無添加石鹸ではないのです。

 

何も付け加えられていない正真正銘の無添加石鹸は、例えば次のような石鹸です。

 

 

ノンエーはニキビに効果的な有効成分が入っており、お肌にも優しい石鹸と言えます。